他の人が開けられない

鍵穴

いつかは出来る自分だけの鍵

今では、オートロックは当たり前で、指紋認証や網膜認証などとどまる事を知らない鍵が出来てきています。 昔でいう鍵はドアに差し込んで回すものだけでしたが、今では数字を押したり、画面に指を押し付けたりと本当に色々な方法が存在します。 しかし、これは鍵を色々考えて出来た結果ではなく、防犯対策を考えて出来上がった結果と言えます。 オートロックもそうですが不審な方が入らない為に出来上がっているのです。 引越しの際には絶対に鍵は変更した方が良いし、鍵は数種類つけるのが一番大切なのです。 それも数字で合わせるものと指紋認証、そして、普通の鍵という感じが一番防犯につながります。 自分で意識的に防犯対策する事が大切ですので、忘れないようにする必要があります。

誰も入れない自分だけの鍵なども今後は開発されていくと思います。 指紋や角膜照合もその一つですが、それ以外にも自分が近づくだけで、鍵が開いたりするような近未来もすぐ近くに来ていると思います。 鍵もピッキングされにくい物がドンドン出ていてそれ自体を作る事も難しくなっています。 扉自体も段々強く、そして軽く、作りやすいタイプが出ています。 まだまだ開発の余地は多々あり、防犯は知識だけではなく、意識も大切になってきています。 家にいる時には、オートロックで守られているとしてもかえって来る時や外出する時には自分の身の周りに意識を集中して、不審者がいないかをしっかり見極める事も大切です。 それを意識づけるだけで、防犯につながる事だけは確かです。