耐久性を高くする

家の鍵

蝶番の不具合による故障が多いです。

玄関ドアの故障は、蝶番の不具合によるものが多くあります。具体例では、ドアがグラついてちゃんと閉まらない、逆に動きが固くなって開閉しにくいといった事例が該当します。あるいは、開閉が全くできなくなった場合にも、蝶番の破損が疑われます。玄関ドアを修理するときには、蝶番が重要なチェックポイントだといえるのです。 他には、鍵のトラブルもよく発生します。具体例としては、鍵が入らない、抜けない、回らないなどが挙げられます。これらの原因として、鍵自体の故障の他に、鍵穴にホコリが溜まっていることも考えられます。鍵穴にホコリが溜まることで、鍵の動きが鈍ってしまうのです。こうした場合、修理の前に鍵穴を掃除することで改善する可能性があります。

蝶番の交換は自分で行うこともできます。

玄関ドアの蝶番は、ホームセンターなどで販売されています。そのため、蝶番の交換は自分で行うことも可能なのです。自分で修理することで、修理費用を節約できるメリットがあります。蝶番の種類はたくさんあるので、事前に形や大きさを調べておくのがよいでしょう。 蝶番を交換するときに、絶対に注意しなければならないことがあります。それは、蝶番を外すとドアは固定されていない状態になることです。このことを頭に入れておかないと、蝶番を外した途端にドアが倒れてきて、怪我をする危険性が生じます。蝶番を外してもドアが倒れてこないように、重しをかけて押さえておく必要があります。あるいは、複数人で作業ができるならば、ドアを他の人に押さえていてもらうと安心です。