一般的になるまで

車の鍵

自宅の窓にガラスがはまるようになったのは、昭和のはじめ頃からです。それまでは日本家屋にはガラス窓と言うものはありませんでした。日本の家が西洋化が進み、太平洋戦争前にはほとんどの家に窓ガラスがありました。 この頃にはまだ防犯ガラスと言う考えはなく、窓ガラスはとても薄いでした。防犯ガラスの導入が始まったのは、昭和40年代だと言われています。まず使われるようなったのが防犯ガラスの中でもガラスにワイヤーが入ったものです。これはまず、銀行や会社などで導入されるようになりました。 そしてその後防犯ガラスは、一般家庭にも昭和50年代から60年代前半にかけて多く導入されるようになりました。 また平成に入ってからは科学技術の進歩により、ワイヤー入りの防犯ガラスだけでなく、ガラス自体が非常に強化ガラスになってしかも薄くて軽いと言う商品が発売されました。

現在の防犯ガラスは、金属の金槌で打ち付けても、割れる事はなくまたガラス切りなどでも簡単に切れる事は無い薄くて軽い強化ガラスが開発されています。 今後の防犯ガラスのさらなる動向は、窓枠等に設置した警備システムと連動して、防犯ガラスに異常があれば警備システムが作動したり、外部の警備会社に通報行くような新しいシステムの開発が進むことでしょう。 また時間帯によってまた人の操作によってガラスを透明にしたり白く曇らせて半透明にしたりする防犯ガラスなども導入されていく動向があります。 一見何の変哲もない窓ガラスが、非常に防犯能力の高い防犯ガラスであることが1番望ましく、これらの開発も寄り添う進むことと思われます。