耐久性を高くする

家の鍵

ドアに何らかの故障が起きた場合、蝶番からもたらされる場合が多いものです。ホームセンターなどでも蝶番は買えますが、業者に修理を依頼し、ドアに適した蝶番を取り付けて貰う方が、耐久性も高まることでしょう。

» 詳細を確認する

一般的になるまで

車の鍵

窓ガラスは現代では一般的なものですが、昔はそうではありませんでした。窓ガラスが現代の様に一般的になるまでには色んな出来事があったからだと言えます。現代の様式になるまでの流れを見ていきます。

» 詳細を確認する

他の人が開けられない

鍵穴

最近では防犯もIT技術を用いて行うことが増えてきており、鍵にもIT技術が用いられています。オートロックに加えて指紋認証や鼓膜認証など、自分しか開けることのできない鍵に注目が集まっています。

» 詳細を確認する

窓や鍵等に注意

古いドア

窓を二重に防犯して対策を

家に様々なセキュリティシステムや高価なグッズを購入したとしても、全体的な防犯がなされていなければ意味がありません。犯行が起きやすい箇所にそれぞれ防犯機能を備え付けて、どこから狙われても大丈夫なようにする事が大切です。特に気を配って欲しいのは、人が入るくらいの大きさがある窓です。鍵の110番では、この窓に関して様々な取り組みを行っていますが、中でも特殊なものにフェンスがあります。強化ガラス等は当たり前のものとして、その上から更に侵入を防いでくれる二重の防犯要素を取り込むわけです。鍵の110番には色々なサイズでどこにでも取り付けられる形で販売されており、お風呂やトイレの窓にもよく採用されています。

ダイヤル式ロックを活用

鍵の110番では、鍵と言っても様々なタイプが存在する事を知っておけば、より万全な防犯が可能となります。普通に差し込むタイプのものと、自転車等でもよく使われるダイヤル式のロック等、色々な種類があります。これらを併用する事によって、泥棒がどこに何の鍵があるのか把握するのに時間が掛かるようになります。ダイヤル式であれば鍵穴も剥き出しになっていないため、取り外すのは困難を極めます。数字を1つ1つ照らし合わせていたらそれこそ時間が掛かりますから、通常の鍵と一緒に取り付けてみて下さい。鍵の110番では窓のサッシ部分なんかにも装着可能なものが販売されています。この手のアイテムは、別に鍵を保管しなくても良いため、鍵を失くす心配もなく人気があります。